沖縄タイムスの一般広告、不動産広告、求人広告、おくやみ広告はタイムスアド企画

株式会社タイムスアド企画

葬祭の心得と基礎知識

葬儀を迎えるにあたって

死とともに葬儀の準備が始まります。悲しみの中でさまざまなことをきめなければならず、相談したり検討したりする時間はありません。大切な人を見送る儀式を滞りなく、納得のいく形で執り行う為に、どういう形の葬儀にするか、事前に近親者で相談しておくことが大切です。

地域によっては、今でも自治会や町内会などで葬儀を取り仕切るところがありますが、多くは葬儀社やお寺、葬斎場などにお願いするのが一般的。

また、故人が宗教を信仰している場合は、それに従って仏式・神式・キリスト教式などに分かれます。

葬儀までの流れ

まずは葬儀社へお電話・相談を

事前相談が大切

どのような葬儀にするかは、事前相談をお勧めします。

臨 終

葬儀社の車で搬送します

ご遺体は看護師が清めて着替えを済ませた後、葬儀社の車で自宅へ搬送します。家に残っている人は、遺体を安置する部屋を片付け準備しておきます。

自宅に着いたら

棺布団、枕飾りを用意します

自宅に着いたら敷布団を準備し、その上に遺体を安置します。葬儀社が枕飾りの祭壇を準備するので、故人に近い順番でお線香を上げます。

葬儀社との打ち合わせ

出棺、告別式、納骨を決める

世話人や喪主の方が中心となり、葬儀社と葬儀のスケジュール、祭壇、会葬品(お返し)の種類と数、故人の遺影を決めます。

電話、新聞で訃報を知らせて

死亡が確認されたら、故人の親戚や友人、知人、職場へ知らせます。昼夜問わず、早く知らせることが大切なので、電話や電報などを利用しましょう。また、沖縄では葬儀の日程を地元の新聞に掲載することが一般的=右図。告別式当日の朝刊に掲載されるよう手配をします。

告別式広告
故人の逝去、告別式日時、場所、喪主、遺族・親族名を関係各位にお知らせするご家族からの広告です。

ご自宅では

自宅での最後の夜

死亡から24時間が経過しないと火葬ができないので、その間自宅に安置します。出棺までお線香を絶やさずつけておきましょう。

出 棺

出棺は午前の早い時間に

出棺はスケジュールの関係から、午前の早い時間に行うことが多いです。出棺前にお坊さんに来てもらい、お経を上げている間に遺族や親戚、友人らが焼香します。

火 葬

指示に従い拾骨

故人に近い方から順番に焼香を行い、最後のお別れをします。火葬場の合図に従って拾骨を行います。

告別式

告別式に際しては、スムーズに式を遂行するため会計係や受付係、接待係、配車係、駐車場の整理係などあらかじめ役割を決めておきます。

御会葬御礼広告
告別式に際しての会葬御礼を新聞紙面にて掲載する広告です。

葬儀のマナー

弔辞の装い

男性は黒のスーツに白無地のワイシャツ、黒無地のネクタイが一般的です。女性の和服の正装は黒無地染め抜き五つ紋付きに黒帯を締め、羽織はつけません。洋服の場合、黒無地で光沢のないスーツやワンピース、アンサンブルなどにし、基本的に長袖で襟元が開きすぎないものが良いでしょう。

香 典

香典は市販の不祝儀袋を使うのが一般的です。表書きは仏式、神式、キリスト教式によって異なりますが、「御霊前」はどちらの場合にも使えるため、すでに「御霊前」として販売されているのがほとんどです。 

お金を入れるときは、紙幣の裏が袋の表側に来るようにします。袋に余裕がない場合は、表を内側にして二つ折りにして入れましょう。

焼 香

立って焼香するのが一般的です。自分の番が来たら、焼香台の近くに進み出て遺族や僧侶に向かって一礼します。遺影を正視して一礼したあと、焼香、合掌をします。終わったら少し下がり、遺族に一礼して退場します。

葬儀で困った時のQ&A
まず、遺族に何と言葉をかければいいのでしょうか?
電話での訃報場合のお悔やみをどんな言葉で表現すればいいですか?
お悔やみの言葉への返事は?
解答はコチラ

葬儀で困った時のQ&A

まず、遺族に何と言葉をかければいいのでしょうか?
「ご愁傷様でございます」あるいは「このたびは、突然のことで・・・・。心からお悔やみ申し上げます」が一般的です。頭を垂れ、声を低くして、「忌み言葉」を言わないように気をつけて、簡略に言葉をかけましょう。心をこめて言えば短い言葉でも気持ちは十分に伝わります。長い挨拶はいけません。
電話での訃報場合のお悔やみをどんな言葉で表現すればいいですか?
病気なのか事故なのかなど亡くなりかたにもよりますが、「それは突然のことで・・・。びっくり致しました。なんと申し上げたらいいのか、言葉もないほどでございます」あるいは「思いがけないことで、さぞお力落としでございましょう。心からお悔やみ申し上げます」「ご愁傷様でございます」などお悔やみの常套句を用いたほうが無難です。
お悔やみの言葉への返事は?
「恐れいります」などと短い言葉で応えておけばいいでしょう。
大勢から声がかかることになるため、一人ひとりにゆっくりと対応しようと思えば無理がでてきます。「お忙しい中、来てくださってありがとうこざいます」とわざわざ言う必要はありません。

納 骨

沖縄では式当日が一般的

沖縄では一般的に、告別式の後すぐに納骨をしますが、お墓が準備されていない場合や遺族のご意向によって七七忌を終える(四十九日)まで、自宅に遺骨を置く場合もあります。

死亡後の法的手続き

葬儀までにしておくこと

火葬・埋葬を行うには、市町村役所に「死亡届」と「死体火(埋)葬許可申請書」を提出し、「死体火(埋)葬許可証」をもらわなければなりません。

葬儀後の諸請求

健康保険の被保険者または被扶養者が死亡したときは、埋葬料の請求ができます。国民健康保険の被保険者が亡くなったときは、葬祭費を請求できます。

法事(法要)の流れ

ナンカ祭

亡くなった日から七日ごとに7回行う法事を沖縄ではナンカと呼びます。特に最初の七日目(ハチナンカ・しょなぬか)、7回目を四十九日(シチナンカ・ななぬか・シンジュウクニチ)と言い、2回目~6回目のナンカより盛大に行います。四十九日が忌明けとなるので、この後に通夜や告別式、ナンカにきていただいた方に報告を兼ねてお礼状を出します。

忌明け広告
四十九日法要・一周忌法要などの忌明けをお知らせする広告です。
年忌法要

年忌の法事は、一年忌、三年忌(満2年)、七年忌(満6年)、十三年忌(満12年)、二十五年忌(満24年)、三十三年忌(満32年)の6回行います。

タイムスアド企画ホームページにて
年忌法要のスケジュール計算ができます。
料 理

沖縄の法事料理は、葬儀、ナンカ、年忌までほぼ同じものを供えます。仏教では精進料理が基本ですが、沖縄は豚肉やかまぼこを用いる重箱料理が一般的。豚肉や天ぷら、揚げ豆腐、白かまぼこなどを詰めた重箱を一対とし、それを二つ準備します。それに葬儀用の盛り菓子、団子、干菓子を一対ずつ供えます。

返礼品(香典返し)

ナンカや年忌の法事にいらした弔問客に、香典返しとして返礼品を差し上げます。返礼品は一般に半返しといって香典の半分を目安にします。
最近は削り節やそうめん、しいたけ、のりなど乾物類が多くなっています。普段の生活で食べたり使ったりして無くなる物がいいとされています。

沖縄の仏壇の傾向

仏壇の種類

沖縄仏壇は一般的に、上部が仏壇、下部がたんすになっています。高級なものでは、湿気やシロアリに強いチャーギ(前面)が材質として使用されています。

沖縄の仏壇
購入時期

葬儀の後、新しく仏壇を購入する場合は四十九日の法要に間に合うよう、10日前には購入しておきたいです。

選び方

設置する家の間取りや広さを考えて無理なく収まる大きさにしましょう。一般に仏壇は、東や南向きが良いと言われています。

購入価格

沖縄仏壇で多く出るのは20~30万円台、唐木仏壇や家具調仏壇は造作によって高価な物がありますが、一般には小型の30万台がよく出ています。

お仏壇の傾向

核家族化によっていマンションやアパートに居住する方が増え、それに伴って仏壇も小型化する傾向にあります。

沖縄のお墓の傾向

お墓の形

沖縄の墓は個人墓、門中墓に分かれますが、個人墓のほとんどが破風墓です。近年は本土に多い塔式墓も個人墓として造られるようになりました。門中墓は亀甲墓が多いが、平葺(ひらぶき)墓もあります。

沖縄のお墓

材質と価格

材質はほとんどが御影石(花こう石)ですが、ほかにトラバーチン(琉球石灰岩)やコンクリート流し込みなどもあります。3〜4坪の土地に、御影石で破風墓を建てる場合、墓が200万円前後、土地を含めると約400万円前後が目安です。

今注目の管理型墓園・霊園

沖縄では古くから個人墓を建てる習慣がありますが、墓地埋葬法が改正され、県や市町村の許認可がなければお墓を造ることができなくなりました。そこで注目されるようになったのが管理型墓苑・霊園。墓地の使用権を買い、霊園の事業主と契約を結びます。

納骨堂

墓の後継者がいない場合、墓と同様に公営や民営、寺院の運営する納骨堂に遺骨を収蔵する方法もあります。墓を造るより安価な上、管理も任せられるとあって近年、都市部では需要が増えています。

このページの先頭へ